最新税務知識

最新税務知識

91(91件中 85~90件を表示)

税務・会計 外注費と認められるには要件が。給与との違いはどこにある?

会社が人に支払う費用として、主に給与と外注費がありますが、このふたつは税務・会計上の取り扱いが異なります。 消費税に関しては給与が非課税、外注費が課税対象となります。 「雇用契約の有無」「指揮監督の所在」が大きなカギ 給 …続きを見る≫

税務・会計 「赤字にすれば税務調査が来ない」は大きな誤解。全調査の3割は赤字企業に!

春は税務調査が多い季節でもあります。「うちは赤字で税金を払っていないから税務調査は来ない」。こんなことを考えている方は少なくないでしょう。 しかし、赤字会社には税務調査が入らないものなのでしょうか? 赤字法人への調査数の …続きを見る≫

税務・会計 意外と間違えやすい印紙税。ちょっとした工夫で印紙の節約が可能に!

印紙税は契約書など経済取引に関連して作成される文書に課税される税金。 文書の内容や金額で税額が変わってくるため、実務担当者も間違えやすいものです。ここで、印紙を節約できるちょっとした工夫についてご説明いたします。 親子会 …続きを見る≫

税務・会計 社員旅行を経費にする3つの条件とは?

日ごろ会社のために力を尽くしている社員をねぎらったり、社員のやる気を高めたり、親睦を深めるときに効果的なイベントのひとつとして社員旅行が挙げられます。できれば旅費を会社で負担して経費にしたいもの。 しかし、この社員旅行を …続きを見る≫

経営支援 会社の就業規則、「幽霊」ではないですか?

常時10人以上の労働者を使用する使用者は、就業規則を作成して行政官庁に届け出なければなりません。しかし、中小企業では、社の現状に合わせて整備されていない「幽霊就業規則」が少なくないそうです。そのため、従業員と労務トラブル …続きを見る≫

相続 平成23年度税制改正で相続税が増税。今まで関係なかった人でも申告が必要になる?

政府税制調査会は昨年12月11日、平成23 年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めました。相続する財産額から差し引いて税金を安くする基礎控除は、定額 部分を5000万円から3000 …続きを見る≫

トップへ戻る