最新税務知識

税務・会計

36(36件中 1~6件を表示)

税務・会計 平成30年分の年末調整における留意事項

配偶者控除及び配偶者特別控除の取り扱いの変更 平成30年分の年末調整における配偶者控除及び配偶者特別控除の取り扱いが変更され、 特に配偶者特別控除については配偶者の年収の上限が昨年より増えています。 概略は以下のとおりで …続きを見る≫

税務・会計 回収不能時の貸倒損失は努力の跡が重要です。

(回収プロセスの証拠を残す) 会社を経営していれば、売掛金や貸付金といった金銭債権が回収できないこともあります。 このような場合、支払うべき相手の弁済能力の喪失によって回収不能となった損失を「貸倒損失」として損金処理をす …続きを見る≫

税務・会計 「現金」の管理

経理の毎日行う業務として現金管理があります。現金は動きの記録を残していかないと履歴がわかりません。このため不正や事故が起こりやすいのです。税務調査においてもほぼ調査される項目です。現金商売の会社の場合、事前通知なしにある …続きを見る≫

税務・会計 中小企業の投資を後押しする固定資産税の特例

現在の日本は人口減少、少子高齢化の問題をかかえています。 生産年齢人口(15~64歳の人口)は2017年に総人口の60%台を切り、2060年には50.9%になると言われています。その一方高齢人口(65歳以上の人口)は20 …続きを見る≫

税務・会計 法人税法22条の2が創設

 法人税法22条は、所得の金額の計算の通則を定める規定であり、法人税において最も重要な条文ですが、平成30年度税制改正において法人税法22条4項が改正されるとともに、新たに「法人税法22条の2」が創設されることになりまし …続きを見る≫

税務・会計 セルフメディケーション税制について

早いもので12月も半ばを過ぎ、今年も残すところ半月あまりとなりました。 師走の忙しい中、ご自宅の大掃除や資料整理などに取り組んでおられる方も多いのではないでしょうか。 今回はH29年1月より導入されたセルフメディケーショ …続きを見る≫

トップへ戻る