最新税務知識

税務・会計

44(44件中 1~6件を表示)

税務・会計 インボイス制度開始前に法人成するメリット

令和5年10月からインボイス制度が開始されます。インボイスとは適格請求書とも呼ばれるもので、売り手が買い手に対して正確な適用税率や消費税等を伝えるものです。それだけですと、請求書の書式が統一されるだけのようにも感じますが …続きを見る≫

税務・会計 贈与税の住宅取得にかかる資金の非課税措置が延長されました。

父母や祖父母といった直系尊属から、自分が居住するための新築住宅を取得、または増改築するために金銭の贈与を受けた際に、一定の要件を満たすと贈与税が一定額まで非課税となります。 この非課税枠は令和2年4月1日以降に購入された …続きを見る≫

税務・会計 所得拡大促進税制の見直し

令和3年度税制改正により、令和3年4月1日より「所得拡大促進税制」の適用要件が緩和され、税額控除が受けやすくなり、期限も令和5年度まで(法人については令和5年3月31日までの間に開始する事業年度まで)延長されました。 & …続きを見る≫

税務・会計 令和2年分の年末調整における主な改正点及び留意事項

給与所得控除額、基礎控除額の改定 今回の一番大きな改正が、給与所得控除額の減額とそれに対応した基礎控除額の引き上げです。 まず、給与所得控除は、以下の通りに改定されます。 ご覧のとおり、給与所得控除額の最低額が10万円少 …続きを見る≫

税務・会計 給付金・協力金・助成金を受け取った時の仕訳

新型コロナウイルスの感染拡大により、国や都道府県は、法人や個人事業主を支援する補助金、協力金、支援金等を打ち出しています。 今回は、法人や個人事業主がそれらの給付金・協力金等を支給された時の会計処理についてご説明させてい …続きを見る≫

税務・会計 令和2年度(2020年)税制改正大綱抜粋

先日、令和2年度税制改正大綱が発表されました。 主に個人の生活に関わるものを抜粋しました。   ①給与所得控除額の一律10万円の引き下げ 給与所得控除の額が一律10万円引き下げられることになると同時に、控除の要 …続きを見る≫

トップへ戻る