最新税務知識

相続

6(6件中 1~6件を表示)

相続 暦年贈与の落とし穴、注意すべき点は?

平成27年1月1日以後の相続に関して税制改正により、基礎控除額が引き下げられました。 これにより平成26年は死亡者数に対する申告割合が4.4%だったのに対して、平成27年は8.0%とほぼ倍の件数になっています。 今まで相 …続きを見る≫

相続 二次相続を考慮した一次相続時の配偶者の相続について

夫が亡くなる「一次相続」のときは、妻ができるだけ多くの財産を相続すべきであると私は考えています。 財産の名義は夫でも、もともと実質的には夫婦の共有財産なのですから。 とは言え、妻が高齢でそれなりの財産を保有しているなら、 …続きを見る≫

相続 非上場株式の相続税・贈与税の納税猶予・免除が変わります。

「非上場株式等についての相続税及び贈与税の納税猶予及び免除の特例」を利用すれば、後継者が現経営者から自社株式を贈与あるいは相続・遺贈によって取得した場合、一定の条件を満たして所定の手続きを行うと、贈与税・相続税の納税が猶 …続きを見る≫

相続 相続の申告期限は死後10ヶ月か

一般的に相続税の申告期限は、死後10か月以内だと言われていますが、相続税法第27条には、「その相続の開始があったことを知った日の翌日から10月以内」と書かれています。 つまり、被相続人の死亡日から10か月ではなく相続人が …続きを見る≫

相続 相続税の改正について

   平成25年度税制改正により、相続税の改正が発表されました。 平成27年1月1日以後の相続について、相続税の基礎控除が引き下げられ、課税対象者が大幅に増える見込みです。改正についてポイントを絞って確認しておきましょう …続きを見る≫

相続 平成23年度税制改正で相続税が増税。今まで関係なかった人でも申告が必要になる?

政府税制調査会は昨年12月11日、平成23 年度税制改正で、相続税の最高税率を現行の50%から55%に引き上げる方針を固めました。相続する財産額から差し引いて税金を安くする基礎控除は、定額 部分を5000万円から3000 …続きを見る≫

トップへ戻る